手っ取り早く睡眠できる睡眠薬を使ってみる

なるべくなら安く買いたい睡眠薬

手の上にある財布のイラスト

睡眠薬を利用する人にはさまざまな人がいますが、多くの人にとって睡眠薬の為に支払うお金はなるべく安くしたいと感じられるものとなるでしょう。
例えば毎月5千円を睡眠薬に支払っていくと、一年間で6万円ほどの出費になってきます。
もちろんそれでぐっすりと眠れるようになっているのであれば意味はあるのですが、それでも自分の負担を軽くしたいと考えるのは当然のことです。

では睡眠薬はどこで買うのが安いのかというと、まず候補に挙がってくるのはドラッグストアです。
現在ドラッグストアでは効果のマイルドな睡眠薬が販売されていますから、それを使って対応できるのではと誰もが考えることでしょう。
ですが実際のところ、価格としてはむしろドラッグストアの方が高額になりやすい傾向があります。

例えば現在よく使用されているマイスリーという薬の薬価はジェネリックで1錠あたり33円ですが、市販品だと10錠入って1000円ほどすることが多く、価格は3倍ほどになってきます。
もちろん診療費などを含めれば同じくらいの価格になることが多いのですが、ドラッグストアで販売されているのはどちらかというと睡眠改善薬、睡眠の質を良くするために使用されるべきものです。
果を考えると病院の方が良いでしょう。

次に候補に挙がってくる方法となると個人輸入ですが、これも実際のところ病院処方より安くなるかといわれると難しいと言わざるを得ません。
確かに価格自体は安くなる可能性がありますが自己判断で薬を購入するということになると濫用に繋がる可能性があることは否定できませんし、個人輸入だと偽薬を販売されるリスクがあります。
ですからまとめてしまうと、効果が優れておりかつ安全して使用できる睡眠薬を手に入れるのは病院が最も安く確実だということになるのです。

睡眠薬で眠れる理由

ぐっくりベッドで寝ている女性

睡眠薬は睡眠障害を患っている方が夜に十分な睡眠を取るために服用する薬であり、それによって生活の質を向上させるために服用されています。
ではなぜ睡眠薬を飲むと眠くなるのか、どんなメカニズムがあるのでしょう。
まず人間の脳の中にはGABA受容体と呼ばれる部位があり、その中でもベンゾジアゼピン結合部に睡眠薬が結合するとき、その機能が活性化され睡眠を誘導します。

その結果、脳の活動を抑制する働きが生まれ、意識レベルが低下し睡眠に至るというメカニズムです。
これは不眠だけでなく不安やストレスにも効果があります。

それでも副作用がどの薬にもあるように睡眠薬にも同様に副作用があります。
最近では副作用が少ないものが次々に開発されています。
睡眠薬を服用する際には医師の診断を受け、自分にとって適格な処方された薬を服用しなければなりません。

なぜなら睡眠薬にもたくさんの種類があり、効果や持続時間は様々だからです。
この薬は自分には合うがあの薬はダメという相性みたいなものが存在します。
それで自分にとってぴったりな薬を服用するなら最大の効果を期待できるでしょう。
自分の使用している薬がどんな特徴を持っているのかを知ることは大切です。

まず作用時間について知るようにしましょう。
睡眠薬には作用時間が短いものから長いものまであります。
体内で分解されるスピードが速いものが服用後3、4時間で効果が切れます。
それに対し効果が長いものは9時間以上睡眠効果が続くものがあります。
こうした作用時間の違いから一般的に四つのタイプに分かれています。
自分に体に必要な効果を選択することが必要です。

以上のことから睡眠薬を服用する際は必ず医師の診察を受け、服用する際は医師の指示に従いましょう。

服用する量は守るのが睡眠薬の効果的な飲み方

寝つきが悪かったり、まったく眠れなかったりする不眠はつらいものです。
不眠になると、気分が滅入るなどのうつ症状も起こりやすくなります。
睡眠薬は、寝付けない状態を解消し眠りに導いてくれたり、浅い眠りを深い眠りにして睡眠を取ることができるように助けてくれます。
また、睡眠薬には、不安感やイライラなどの精神状態を改善する薬が使用されることが多く、同時に解消してくれ、うつ状態を防ぐこともできます。

医師に処方してもらったり、市販品でも、適量を不眠の間だけ服用すれば、メリットが多く服用すること自体は良くないことではありません。
しかし、睡眠薬は依存性が高いものが多い傾向があります。
また、同じ量を服用しても効かなくなる耐性というものがあり、服用する量が増えていくことが多くの場合でみられます。
耐性ができてしまうと、飲み過ぎてしまいます。
すると、肝臓に負担がかかったり、脱力感が強くなったりする副作用がでてきます。

精神不安が増す場合もあります。
急にやめることができないため、中止する場合には、減薬していく必要があります。
しかし、これはなかなか難しいものがあります。

飲みすぎないようにするためには、長い期間服用しないことです。
そして、不眠状態が改善したら、自力で睡眠できるように生活習慣などを変えていきましょう。
睡眠に関係するホルモンにメラトニンがあります。
通常、夜になるとメラトニンの分泌が増えて自然に眠たくなるようになっています。

近年は、残業やゲームをしたりなどと夜遅くまで光を浴びていることが多く、昼夜の区別がつきにくくメラトニンの働きが悪くなっている場合があります。
また、ストレスにより、自律神経の交感神経が常に優位になり、リラックスできず、眠りに導かれにくくなっています。
生活習慣を改めることで不眠は解消できます。
睡眠薬を上手に服用して良い睡眠を取るようにしましょう。

睡眠導入剤とは?睡眠薬との違いについて

様々な薬やサプリメント

不眠症の症状に用いられるのが睡眠薬ですが、その他にも睡眠導入剤というものが存在します。
この睡眠導入剤と睡眠薬には違いはなくて、睡眠を誘発する効果がどちらもあります。
細かく違いを説明すると睡眠導入剤の方は作用効果が短いことを指しますが、睡眠薬の一種と考えていいとされています。
睡眠導入剤か睡眠薬のどちらを使えばいいのか悩む人もいるかと思いますが、大きな違いはないので、大事なのはどの種類が自分に合っているか医師に相談することが重要です。